HOME>注目記事>外壁は大事なリフォームになるので適正な時期には必要

新築物件も10年後には再塗装も

一軒家

大阪で建てた新築住宅も10年経つ頃には外壁塗装のリフォームが必要と言われます。建物によっては10年に満たないものも、外壁塗装の必要性を感じるものも出て来る場合があります。何故この期間で再塗装が必要になるのだろうと不思議に感じる人もいると思われますが、この期間を過ぎる頃になると壁の老朽化が目立つようになりひび割れや剥がれが起きるようになって来ることになるからです。状況が更に悪化している時には、雨漏りなどの症状がみられ大幅なリフォームが必要になりかねませんので、普段からの様子見が家を守る大事なことになります。外壁は塗装されて防水の役目をしていることから、長年の風雨の影響から防水の役目が出来なくなり錆が出たり、内部腐ってしまうことも起こりえます。

塗料によって金額の差がある

大阪で行う外壁塗装費用は、仕様する塗料によって価格に違いがありますので、塗料を選ぶ時には注意が必要です。また塗装業者には、塗装の違いの説明をしてもらうことも忘れてはいけません。塗装の違いで耐用年数も変わって来ることになります。工事は塗装だけではなく、足場にかかる費用やその他の作業費もいることになり、それら価格にも注意を払うようにします。使用する材料の目安として1㎡の場合アクリル弾性のでは1500円から3500円程度になり、ウレタン樹脂になると2000円から4500円程度となります。また寿命が長いとされるフッ素素材では、3000円から5000円が相場とされています。

おおよそ100万円の出費は覚悟を

大阪で外壁塗装を行う時におおよその目安と言われるのが、100万円前後は覚悟しておくと言うことです。30坪ある住宅では最低も80万円ほどはかかってしまうと予想して、業者を探すようにします。外壁塗装をいい加減にされると100年持つと言われる住宅も、100年持たずにダメになってしまう可能性も出て来ます。カビやホコリ、雨水などから一年中家を守る役目を担うのが外壁塗装ですから、安さだけを追いかけない工事が望まれます。

広告募集中